経営・会計を中心とした社会科学系出版社
ホーム > LGBTの子どもに寄り添うための本

LGBTの子どもに寄り添うための本  新刊

カミングアウトから始まる日常に向き合うためのQ&A

内容説明

 同性愛を親にカミングアウトし、後にLGBTの子どもたちを支援するサイト”Everyone Is Gay”を立ち上げた著者たちによる一問一答形式の読みやすいガイドブック!

 著者たち自身の体験だけでなく、サイトの運営を通して接した子どもたちの経験も元に、大人たちはどのようにカミングアウトに向き合い、子どもの健やかな成長を支えてゆけるのか、子どもたちに接する上で直面する、41の疑問と回答をまとめています。

 ユーモアも散りばめられていて、翻訳書ながらスムーズに読め、親御さんだけでなく教育関係者などにもおすすめします!

 

 特設サイトはこちら。内容の一部立ち読みができます!

 

【LGBTアクティビストの東小雪さんの推薦コメントをいただきました! 】

カミングアウトにまつわる親子の 課題解決のための、素晴らしい提案が満載!
当事者のひとつひとつのエピソードが 輝いていて感動します。
この本を読んで、悩みの解決の糸口がみつかりますように。

東小雪

このページのトップへ

目次

第1章 子どものカミングアウト
第2章 親としての最初の反応
第3章 誰に話すか
第4章 子どもの将来
第5章 性教育について
第6章 信仰との関係
第7章 クェスチョニングとは何か
第8章 子どもを支えていくために

このページのトップへ