経営・会計を中心とした社会科学系出版社
ホーム > グローバルオペレーターが変えるホテル経営

グローバルオペレーターが変えるホテル経営  新刊

マネジメント契約はホテル産業に何をもたらしたか

内容説明

「グローバルオペレーター」と言う言葉はあまり知られていないが、マリオット、ヒルトンなどのホテルチェーン名を知らない人は少ないだろう。これらはグローバルオペレーターのブランドである。

この業態はホテルの土地や建物を所有するホテルオーナーとは別の経営主体として、ホテルマネジメント契約の下に管理・運営を行っていることが多い。ホテル経営では、不動産に資金が必要な一方、運営手腕も必要なため、それぞれの得意分野に特化した機能分化が進み、米国を始め、グローバルに展開されてきた。

それに伴い、オーナー側とオペレーター側の利害対立もしばしば見られるようになってきており、マネジメント契約以外での契約も増えてきている。

本書は、ホテル業界の現状や歴史を振り返りながら、ガバナンスや業績評価、収益などを手がかりに2者間のマネジメント契約の功罪を探っている。

博士論文をもとにした本ではあるが、マネジメント契約の内実に関する情報や豊富な図表は、ホテル産業に関わる実務者にも貴重な資料となろう。また、他の業界で所有と運営の分離を検討するうえでも有用。

このページのトップへ