経営・会計を中心とした社会科学系出版社
ホーム > 本業と一体化した環境経営

本業と一体化した環境経営

本業と一体化した環境経営
 

内容説明

【2018年度環境経営学会実践貢献賞受賞】

トヨタがプリウスで大きな成功を得たことは、環境を意識することから本業としての収益を上げていくことが可能なことを示しており、企業は、つい陥りがちな、環境対応はコストがかかる、という考え方を排し、本業が環境貢献であることを目指していかなくてはならない。

本書は、大学における環境経営の教科書を意識して執筆されており、こんにち環境経営の前提となる考え方や、そのためのさまざまな認証、また実際の取り組み事例などを紹介する。

実務家にも、必要な事項がコンパクトにまとまっており有用。

このページのトップへ