経営・会計を中心とした社会科学系出版社
ホーム > 地域商業の底力を探る

地域商業の底力を探る  新刊

商業近代化からまちづくりへ

内容説明

地元商店街におけるアーケード整備、またショッピングモールの誘致のようなハード中心の施策が、必ずしも暮らしやすい街をつくることにつながらないことは今ではよく知られるようになってきている。

本書は、これまでの地域商業政策を丁寧にレビューしながら、山形県鶴岡市・新潟県長岡市・山梨県甲府市・香川県高松市の地方圏4都市と、東京都立川市・千葉県船橋市の首都圏2都市について現地調査を行い、さまざまな施策の光と影を明らかにしている。

また、商業の文化発信力に着目し、特に、モノを通して、「価値ある経験」を創り出している個店を4つ紹介しながら、それらの店が地域社会と価値共創していることを示す。 華やかな成功事例だけでなく、必ずしもうまくいっていない事例も紹介されており、商店街の関係者、また自治体担当者に貴重な資料となろう。

このページのトップへ