経営・会計を中心とした社会科学系出版社
ホーム > 軍備の政治学

軍備の政治学  新刊

制約のダイナミクスと米国の政策選択

軍備の政治学
著者 齊藤 孝祐
ジャンル 社会諸科学-社会
出版年月日 2017/05/26
ISBN 9784561961352
判型・ページ数 A5・344ページ
定価 本体3,700円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

ソ連の脅威の後退、またそれにもかかわらず進められた研究開発投資を背景とする質的な軍拡により、アメリカは唯一、圧倒的な軍事力を保持する国となったが、予算制約がある一方で進化を続けている装備のマネジメントに苦慮している上、中東の紛争や政治的混乱、またテロの頻発などにおいて、せっかくの装備が有効に活用できているとは言えない状況にある。

本書は、こうした、現在米国が抱える軍備の問題の一端を冷戦末期の意思決定に見出した上で、さまざまな公開資料を丁寧に読み解きながら、その後、どのような議論がなされ、政策選択がなされていったのか、そのダイナミズムを明らかにしている。

本書の検討は、国際政治と科学技術の関係を捉える一事例ともなるだろう。

このページのトップへ