経営・会計を中心とした社会科学系出版社
ホーム > 成城映画散歩

成城映画散歩  新刊

あの名画も、この傑作もみな東宝映画誕生の地・成城で撮られた

内容説明

映画好きが嵩じて東宝の撮影所が近くにある成城大学に進学し、成城学園に就職した著者。さらに大学時代、通学の途中でロケを見かけたことから、「映画の中に”成城”を見つける」ことをライフワークにしたという。

本書はその成果で、東宝だけでなく新東宝や日活の映画もフォローし、映画と映り込んだ成城のまちを語る。

黄金時代を中心に、戦前からピンクレディー出演の映画まで50作品を、貴重なスチル写真だけでなく、基本的な映画情報やまち、ひとにまつわる脚注も満載。大林宣彦監督 らの寄稿もあり、好事家にはこたえられない一冊!

このページのトップへ

目次

推薦文 淺沼圭司
『成城映画散歩』 映画と里の、フィロソフィを、映画で紡ぐ書。 ─「映画道」は、「正気道」ということ。大林宣彦
はじめに 「映画の中に成城を見つける悦び」

第1部 娯楽映画に見る成城の風景
第1章 東宝映画篇
第2章 東宝”サザエさんシリーズ”篇
第3章 東宝”クレイジー映画”篇
第4章 ゴジラと成城
第5章 『青い山脈』と成城
第6章 新東宝映画篇
第7章 日活映画篇

第2部 映画の中に残る成城学園キャンパスの風景

第3部 巨匠と成城
第1章 黒澤映画と成城
第2章 黒澤明・三船敏郎と成城学園
第3章 成瀬巳喜男と成城

おわりに
主要参考文献
成城ロケ映画一覧

このページのトップへ