経営・会計を中心とした社会科学系出版社
ホーム > ファーウェイの技術と経営

ファーウェイの技術と経営  新刊

内容説明

中国を代表する通信機器メーカーであるファーウェイ(華為技術、Huawei Technologies) 。日本市場ではスマートフォン等で参入している程度で、まだその知名度はそれほど高くないが、交換機やルーター等の通信設備機器については、すでに世界第1位のシェアを持つ企業である。
中国によく見られる、借り物の技術を用い安く大量に販売する手法をとらず、自主技術形成を特に優先する経営方針のもと、通信業界における非常に大きな技術変革の波にも乗り、ファーウェイは創業から30年の間に目覚ましい成長を遂げてきた。言うまでもなくこのような劇的な成功は、中国においても、通信業界のみならず他の産業でも稀なものである。
本書は、まず、この分野で起きた飛躍的な技術変革とそれに伴う市場変動の様相を丁寧に洗い出した上で、その波への的確な対応を可能にしたユニークな人的資源管理手法を明らかにし、その将来を展望する。
ファーウェイや通信業界に関心がある方だけでなく、破壊的なイノベーションへの対応が命運を分ける製薬業界や半導体業界などの経営・人事戦略担当者におすすめ。

このページのトップへ

目次

序章
第1章 通信機器市場の変化─垂直統合から水平分業へ─
第2章 通信技術の変化─アナログからデジタルへ─
第3章 ファーウェイの発展史─輸入代理店から多国籍企業へ
第4章 製・販融合型研究開発体制の確立
第5章 経営理念と人事労務管理
第6章 中国通信機器産業の確立

このページのトップへ