経営・会計を中心とした社会科学系出版社
ホーム > 再生の経営学

再生の経営学  新刊

自動車静脈産業の資源循環と市場の創造

内容説明

新しく作られた製品が廃棄される際、それを再資源化して活用する静脈産業や市場が成立するためには「再生の経済」が確立されている必要がある。
本書は、使用済自動車の再資源化を事例として、社会的費用の私的費用化というCSR(企業の社会的責任)の考え方と、そこに求められる経営哲学や戦略を追究。
「再生の経済」が成立する社会の実現を目指す。

このページのトップへ