経営・会計を中心とした社会科学系出版社
ホーム > 東南アジア市場参入のための流通戦略

東南アジア市場参入のための流通戦略  新刊

同質化する海外市場とバリュー創出

内容説明

東南アジア諸国は経済発展も目覚ましく、また、親日的でもあり、進出を考える日本の消費財企業も多い。しかしながら、各国の市場では「華人系地場財閥企業」と「欧米系外資企業」による製品が席巻するのみならず流通も支配しているため、撤退してしまう企業も極めて多い。

このような状況の下、2004年から食品製造業を中心に、東南アジアにおける日本企業の活動を調査してきた著者は、この2大プレイヤーに対抗するための、日本の製品の技術的差別性を活かした「弱者」の戦略を提示する。東南アジアも先行組・後行組と大きく2つに区分される中、それに即しきめ細かい検討がなされ、実務者への有用性は極めて高い。

このページのトップへ