経営・会計を中心とした社会科学系出版社
ホーム > お知らせ > 『パズル理論』書評が『週刊エコノミスト』に掲載

『パズル理論』書評が『週刊エコノミスト』に掲載

前川佳一著の『パズル理論』が『エコノミスト』8/27号の書評に掲載されました。

評者の加護野忠男甲南大学特別客員教授には、本書が提唱する、業務プロジェクトを目標達成へのリスクで分類するという方法論を「不思議なことに、このような分類はこれまでの学術研究では使われてこなかった。このユニークな分類が本書の最大の貢献である。」と評していただいています。

なお、以前にもご案内しましたが、著者の前川佳一京都大学経営管理大学院准教授の講演会が来週金曜日、8/30(金)に八重洲ブックセンター様で、「これで技術屋と事務屋・経営者が分かり合える! 目からウロコのイノベーション管理手法」(八重洲ブックセンター様イベントページへリンク)として、開催されます。

このイベントでは、「開発に関わる人々に読んでいただきたい好著」とも評されたこの本のエッセンスをお話しいただきます。 奮ってご参加ください!

このページのトップへ

関連書籍

パズル理論

パズル理論

イノベーションを分類。管理手法を提示した

著者:前川 佳一
 
 

このページのトップへ